ストレスが原因でうつ病発症の危機【適切な治療で笑顔を増やす】

ウーマン

増加をする心の病

カウンセリング

心の病に有効的な薬

近年、うつ病を患う人が増えています。その原因はストレスだと言われています。きっかけは人それぞれです。長年連れ添った伴侶を失ってしまうことが原因となることもありますし、仕事でハラスメントの被害者になり、それが大きなストレスとなってしまうこともあります。自分は絶対にうつ病にはならないという保証はどこにもありません。誰にでもきっかけはあります。ストレスの原因が判明をしていても、簡単に取り除くことができないことが多いで心療内科を受診して抗うつ剤を処方してもらい、対処をするという方法もまります。抗うつ剤にはいくつかの種類があります。大きく分けると三環系と四環系があります。症状に応じて使い分けるということになるので、自分がどちらの薬が適しているのかということを自己判断することはできません。心療内科医がその人の症状に合う薬を出してくれるので、まずは飲むことが大事です。うつ病が深刻化をしてしまうと薬を飲むことさえ拒絶をするようになってしまいます。改善をさせたい、なんとか今の状況から脱出をしたいと考えているのであれば、薬を飲むことが必要です。三環系は1950年代からある薬で広く使われています。鎮静作用が高いので、うつによって暴れたり奇声を発したりなど突発的な症状が出た時に使うということもあります。即効性が高いという大きな特徴があります。四環系は三環系の薬に稀に見られる副作用の心臓障害を抑える効果があるので、心臓に持病がある人でも比較的服用しやすいと言われています。呼吸抑制と鎮静効果もあります。うつ病の薬を飲む場合、注意をしなければいけないこともあります。ストレスが原因であることが多いので、正常な判断ができないという可能性があります。そうすると不安になり薬を一度に大量に服用してしまう人もいます。そうならないように適用量を飲む習慣を身に付けることも必要です。管理をすることができる人がいれば、薬を飲む際に適用量をその都度渡すようにするとよいでしょう。うつ病の薬だけではありませんが、食後に飲むのであれば、食事後の30分以内に服用するようにし、アルコールとともに服用をすることは絶対に避けなければいけません。他にも飲んでいる薬があれば、その薬との相性も事前に心療内科医に相談をしておくことが必要です。薬同士の相性が悪い場合には、お互いの効果を打ち消してしまうこともあります。必ず相談をして飲むようにしなければいけません。また心疾患などいつもと違う症状が出た場合にはすぐに服用を中止し、処方をした医療機関に問い合わせることも必要です。うつ病はストレスが原因なので、薬を服用することがストレスになってしまわないように工夫をすることも必要です。症状が改善してきたときに服用をやめることができるように、心療内科医から段々薬の量を減らしていく提案もあるかもしれません。ずっと薬に頼ったままではいけないので、改善させることができるように、医師の指示をしっかりと聞いて服用のルールも守っていくことが大切です。これはうつ病の薬に限ったことではありませんが、自己判断で服用をやめることも危険です。